by

おでこが広くなったと感じたら、agaの始まりかも

「なんだかおでこが広くなった」と感じてきたら、それはagaの始まりかもしれません。agaは男性型脱毛症のことで、男性に多い前頭部や頭頂部から髪が薄くなってきてしまう症状のことを言います。これはagaの原因となり、髪の毛が細胞分裂を行って伸びていくのを抑制する酵素である5αリダクターゼが多く分布しているのが、前頭部と頭頂部になるからです。これは薄毛が進行してくるのは人によって違い、前頭部から始まる人、頭頂部から始まる人、全体的に始まる人などがいますので「おでこから薄毛がスタートしていないからagaではない」というわけではありません。前頭部や頭頂部の髪が薄くなってきたと感じたら、何らかの対策を行って行くようにしましょう。
agaは毛根は生きているのですが、酵素の働きで細胞分裂が抑制されている状態です。そのため、薄毛になったところが産毛のような状態になっていることも多いのが特徴です。原因となる酵素の働きを抑制することができれば、再び髪の毛が生えてくる可能性はゼロではありません。早めに治療をスタートさせることで症状が進行するのを防ぎながら髪の毛が生えてくるようになりますので、後回しにせずに治療をおこなって行きましょう。
まずは専門のクリニックに行き、自分の薄毛の原因が何なのかをはっきりさせることからスタートしていきましょう。内服薬や外用薬、クリニックによっては注射での治療によって自分の髪の毛を再び成長させていくことができるようになります。
本当に効果のあるAGA対策とは?│治療費用や副作用徹底調査!はこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.